>  > デリヘル店の店長になりたいと…

デリヘル店の店長になりたいと…

デリヘル店の店長になりたいと、無職時代にちょっと思ったときはありましたね。けれども、女の子といつも一緒にいられるのではなくて、どちらかと言えば女の子に尽くしまくっているような印象を受けて、そのような甘い考えを持つのはやめましたね。 それに、嬢に聞いても「店長をやるよりはお店に通った方が絶対に楽しいって」と言われて、そのような甘っちょろい考えは持たなくなりましたね。 僕は嬢にも言われましたが、女の子に未だに幻想を抱いているようなところがあるらしく、だからこそお店を経営する側に立つと、女の子が嫌になると言われました。まあ確かにそう言われればそうかなーとも思いますね。 ですから、そんなことで女の子たちと接するよりは、お金をたくさん稼いで週に3度デリヘルを呼べるぐらいに稼げるようになる方がもっとも有意義かも知れませんね。そのような結論に達して今では真面目に働いています。 けれども、無職時代はお店の女の子とフランクに話をする店長が輝いて見えたのですよね。

[ 2016-09-14 ]

カテゴリ: デリヘル体験談2